検索
  • GYM TMK

トレーニングの失敗談2(ギアについて)

こんにちは!TMK GYM代表の前田です。

本日は、トレーニングの失敗談第二弾ということで、トレーニングギアのお話です。

トレーニングギアはケガしてから買ったら遅い

過去の自分を叱ってやりたいのですが、トレーニングギアを馬鹿にしていたんです。


トレーニングギアなしでやるとかっこいい、骨とか靱帯も強くなると思っていました。

が、筋肉の成長が圧倒的に早く、骨や靱帯の成長が追い付かず、重さに耐えきれずけがをするということが多々ありました。


まず、初めに買ったのはリストストラップでした、こちらは背中の種目の際に握力が先に限界を迎えるから買ったのですが、リストストラップはセッティングが面倒ですしすぐに壊れます。

ですので、パワーグリップを買いましょう!


そして、ベンチの重量が伸びているときに手首を怪我をしました。

2か月くらいベンチができませんでした。。。

リストラップを購入して使用して以来、手首はケガをしたことがないです。

リストラップは早めに購入しましょう!!


その後、デッドも伸びていて180kgを引いたときに(ベルト無し)腰が逝きました。

こちらも2か月くらい腰の不調が続きました。

ベルトを買ってトレーニングをしてからは、腰の疲労はあるものの、そのような怪我はしなくなりました。

ベルトはリストラップの次でしょうか。


そして、スクワットの重量が伸びた時に膝が逝きました。

こちらは、重傷で自転車のペダルを漕ぐのも痛くてできないくらいでした。

2~3か月続いたかと思います。

一生膝このままかな、、、とあきらめていましたが、膝周りの強化とニースリーブを購入して使い始めてから膝が治りました。

以来、ニースリーブは欠かさないアイテムで、膝の痛みはそれ以来一回も起こっていません。


最後に、三頭・肘周りが、胸・肩・腕のトレーニングの疲労のせいで腕に全く力が入らない(すっごい浮腫んでいるような感覚)状況になり2~3か月続きました。

この時も、あー終わった。。。と思ったのですが、肩のインナーマッスルトレーニングの取り入れ及びエルボースリーブ購入で治りました。

こちらもそれ以来怪我知らずです。


ギアは、自分の骨・靱帯・関節だと思ってください。

つければ、ほぼ怪我を予防できますし、トレーニングを生涯続けることが可能になります。

全身トレーニングギアでガチガチなのはかっこ悪いかもしれませんが、しなければ骨・靱帯・関節が壊れトレーニングできなくなります。

トレーニングできない、自分の思っている力が出せないのは苦痛ですよ。。。

是非、早めにトレーニングギアを揃えてトレーニングに打ち込んでください。


怪我は予防から!!


本日は奈良市の数あるジムの中からTMK GYMのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

TMK GYMは奈良のジムでも特にフリーウェイト&トレーニングマシンに特化したジムで、筋トレするのにお勧めのトレーニングジムとなっています。

ダイエット・筋肥大・ボディメイク・競技能力向上・栄養カウンセリングなどのメニュー作成やフォームチェックなどは無料でおこなっていますので、お気軽にお問合せ下さい。

メニュー作成やフォームチェックは各料金内での無料のサービスとなります。

それぞれ1時間ほど時間がかかりますので予約制とさせていただいておりますので電話・メール・LINEよりお気軽にお問い合わせください。

また、格安でのパーソナルトレーニング(30分・60分・90分)・加圧トレーニング(30分)も行っています。

こちらも事前予約制ですので、お気軽にご連絡ください。

奈良市のジムの中では口コミでもトレーニングサポートシステムは大変ご好評をいただいておりますので、お気軽に見学・体験にお越し下さい。

見学は営業時間中でしたらいつでもOK、体験希望の方はメニュー作成・フォームチェックが必要な場合はご予約下さい。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示